ホームシアター 京都 心から楽しめるホームシアター 映像と音で感じる
  • ホームシアター京都へ無料相談フォーム
  • パートナー募集

ホームシアター京都.homepage.jp

〒610-1102 
京都市西京区御陵大枝山町5-22-13

  • 防音対策
  • レンズの掃除
  • 関連機器メーカー

京都を中心に全国どこでも対応いたします。ホームシアター設置・構築のことならホームシアター京都におまかせください。

ホームシアター京都 HOME > サラウンドシステム > スピーカーの配置について

スピーカーの配置について

ホームシアターを設置する際、スピーカーの配置も重要になってきます。
よりよい音響を楽しむために、サラウンドが忠実に再現される様に配置します。
ここでは、5.1ch、7.1chのスピーカーの基本的な配置方法についてご紹介します。

5.1ch スピーカー配置例

スピーカー配置法の有名なものとして ITU勧告ITU-R BS.775-1 があります。 (ITUとは国際電気通信連合のことです)
1.前方の左右フロントスピーカー+センタースピーカーの3チャンネル(L,C,R)および後方2チャンネル(LS,RS)構成とし、各スピーカーはリスニングポイントから等距離、同一平面上(同じ高さ)に配置します。
2.LとRの見開き角度はリスニングポイントから見て60度にします。
3.LSとRSはリスニングポイントからCを基準に見て各々100度~120度の見開き角度に設置します。

ホームシアター京都 このページの上に

7.1ch スピーカー配置例

上記 5.1ch のスピーカーに加え、さらに2本のバックサラウンドスピーカーが追加されます。 7.1chのスピーカー配置には、「ITU-R配置」の他、「THX配置」など多数の配置方法があります。

ホームシアター京都 HOME > サラウンドシステム > スピーカーの配置について